「バキッ!!」と来てから半年近く。

「バキッ!!」と来てから半年近く。

スッカリ、時間が過ぎてしまって、「明けましておめでとうございます」と言ってからもう
半年近くも過ぎてしまいました。

先日お客様の所にお邪魔した時に
「半年もブログの更新が無いと言う事は、よっぽど商売繁盛か具合が悪いかだと思ってい
ましたが、どうだったのですか?」と、至極当然なご質問を頂く事になりました。

実は、なんと、1月25日に仕事が終わった後に、午後7時、何時ものジムに、何時もの様に、
何時ものイケメンインストラクターと45キロのバーベルを肩に乗せてスクワットをしていたところ、
「バキッ!」と、腰椎をペシャンコに圧迫骨折したのです。

トライアスロンデビューの為、7年近くトレーニングしていたのですが、2週間寝たきり、2か月入院、
その後1ヶ月近くは眩暈と背中、腰の痛みで仕事に成らず、5月の連休あたりにやっと鋼入りのコル
セットが外れ、少しは痛みが取れてきた今日この頃なのです。

 

次の文章が2月に病床でipadで書いた一言です。
しかし、余りに悲しい内容なので、社内検閲で、今日まで没になっていたものです。

 

タイトル「青木さんは、この病棟で2番目に若いんだから」・・・。

今年の1月25日、通い慣れたジムで、何時もの様に
45㎏のバーベルでスクワットを快適なリズムでやっていた時、突然、バキッ。バタッ。

一瞬、何が起きたのか理解できず、余りの激痛に、息も絶えだえ。気が付いたら、床に這いつくばって
居る自分が・・・。
何度か、起き上がろうとしても、腰も足も全く動けない状態。腰から下が自分の意思が通じない状況でした。
要するに、第一腰椎圧迫骨折ですね。救急車で病院に運ばれ、それから、約1ヶ月経ちやっと、歩行器の様
な物に頼りながら歩けるようにはなりましが、2週間寝たきりでした。2週間後にベッドサイドに座るだけなのに
1時間もかかりました。痛みにもがきながら・・・。
本当に健康のありがたみをしみじみ感じてますね。座ることがこんなに大変な事だとは思ってもみませんでした。

お酒抜き、油抜きの1カ月でスッカリとスリム体型になった私ですが、トライアスロンへのデビューが遠くなったと
嘆いたところ、ドクターが

先生「青木さん大丈夫ですよ、僕の病棟では2番目に若いんだから、すぐヤレる様になりますよ」と、ニッコリ。

私「先生、2番目って?」

先生「1番若い人は、確か30歳代の人で、骨折の人で、次が青木さんでその他はほとんど80歳以上だからね」

私「はぁ。ですよね。はははは」(汗)
と、先生に勇気を貰ったところで、リハビリを頑張る日々です。
と、言うものでした。

現在に至っても、腹筋、背筋の今までの蓄積がゼロになり、身体のあっちこっちが痛み、リハビリに明け暮れています。
身体は元には戻らないですが、来月からまた、ジムに行って水泳から始めます。