平成29年1月1日より65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります

[雇用保険の適用拡大について]

平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者についても、「高年齢被保険者」として雇用保険の適用の対象となります。(平成28年12月末までは、「高年齢継続被保険者」(※1)となっている場合を除き適用除外です。)但し、保険料の徴収は、平成31年度までは免除となります。

① 平成29年1月1日以降新たに65歳以上の労働者を雇用した場合雇用保険の適用要件(※2)に該当する場合は、事業所管轄のハローワークに「雇用保険資格取得届」(以下「資格取得届」という)を提出してください。

② 平成28年12月末までに65歳以上の労働者を雇用し平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合雇用保険の適用要件(※2)に該当する場合は、平成29年1月1日より雇用保険の適用対象となります。事業所管轄のハローワークに「資格取得届」を提出してください。

③ 平成28年12月末時点で高年齢継続被保険者(※1)である労働者を平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合ハローワークへの提出は不要です。(自動的に高年齢被保険者に被保険者区分が変更されます。)

(※1)65歳に達した日の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されている被保険者。

(※2)1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込みがあること。

(リーフレット)http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000136394.pdf