青木幸江の一言「いい会社」ってどんな会社ですか?

「社員の幸せに付いて語り合おう」と
伊那食品工業会長 塚越寛氏とサイボウズ社長の青野慶久氏、ユーグレナ社長の出雲充氏との対談の本ですが、
一気に読んでしまいました。

いい会社とは、一体どのような会社なのでしょうか?
利益をどれくらいあげられたかなのか?
飛躍的なヒット商品を作り、世の中をどれだけ「凄い」と言わせることか?
等では無く、「給料や福利厚生は勿論、本質的な意味で社員を幸せに出来ない会社からは、どんどん人が離れて行く時代です」
との言葉が、胸に響きました。
確かに、その傾向は随所に表れています。
まさに、これからは、社員一人一人の幸せに付いて、また、多様な考え方に対してどれだけ分かりあい、対応できるかが、
これからの経営者に求められるものではないでしょうか。
弊社の皆さんがもっと明るい顔をして、もっと自己実現が出来るよう、早速一人一人との面談をしようと思いました。
近日中に青野氏との対談の予定を頂いていますが、柔軟な考え方の若くてバリバリの経営者の方にお会いする事を、今からワクワクしています。

「わかった、お前明日からちょんまげな!」の、おちゃめな発想の由来をお伺いするつもりです(笑)。