事業案内 - コンサルティング業務(企業労務)

IPO支援コンサルティング

IPO(Initial Public Offering 新規株式公開)によって、企業は株主のみならず様々のステークホルダーに対する責任を負い、名実ともに社会的な存在となるわけですから、公開申請会社は上場する証券取引所及び主幹事会社の厳正な審査にクリアしなければなりません。多くの審査事項の中には、必ず経営管理体制の整備とその適切な運用があります。

IPOコンサルティングにおきましては、経営管理体制の骨格となる組織、職務権限などの制度の確立と体系的な規程類の整備を基礎として、運用上の核となる人事制度、人事労務関係の規程、協定、法定帳簿などの整備を行います。また、人事の基本方針を確認したうえで、制度運用上の問題点(時間管理等)や違法とならないまでもリスクが大きく望ましくないと考えられる点についても是正・改善支援を行います。

企業コンプライアンス監査

人事・労務コンサルティング

数多くのコンサルティング実績をもとに、法令遵守の観点から、各種労働時間制の設計・整備支援、就業規則・諸規程の整備支援、人事制度(等級制度、評価制度、賃金制度)の設計・整備、導入・運用支援まで、一貫してお客様のニーズに合わせ、きめ細かく対応いたします。

就業規則等の諸規程整備・改訂コンサルティング

就業規則、賃金規程、退職金規程等の人事労務関連諸規程の作成から法改正に対応した規定整備の支援を行っております。過去の判例や実績に基づき、企業理念・ポリシーなどを総合的に考慮したなかで、最適な規定の在り方をご提案させていただきます。
※就業規則をはじめとした諸規程の英訳も承っております。

労働時間・賃金制度設計コンサルティング

近年、管理監督者性の問題、労働時間適正把握の問題、不適切な労働時間制度の適用・運用による長時間労働および未払い賃金問題などの様々な問題について、会社が抱いている不安や疑問点を整理し、労働時間管理の適正化にむけて解決策をご提案いたします。

・管理監督者性の判断ポイントの整備
・変形労働時間制、みなし労働時間制(事業場外、専門・企画業務型)の区分整備
・労働時間把握方法の改善および長時間労働対策
・合法的な年俸制の導入

人事制度コンサルティング

社内資格制度、賃金制度、賞与制度、退職金制度、人事評価制度といった人事諸制度の改革を通じ、人材の効果的な育成とモチベーションアップを実現し、企業の発展を目指します。

目的

・社員の貢献度に見合った処遇を実現することによって、頑張った社員が報われる人事制度を構築したい。
・社員にキャリアパスを明示することで、安心して職務に専念できる環境を用意したい。
・社員各人への期待事項を明示することにより、効果的な人材育成と組織力の強化を図りたい。
・年功的に運用されている退職金制度を貢献度を反映したものに見直したい。
・納得性の高い人事評価制度を作り、社内を活性化したい。

人材ポートフォリオ調査・分析(CUBIC)

CUBICを利用するメリット

「採用計画」「人事計画」において、適性判断基準の位置付けの一つとすることができます。
採用する従業員のパーソナリティーやストレス耐性を測定することが可能です。
従業員の能力に応じた育成・開発の方向性を見つけることが可能です。

CUBICを実際に利用している会社(担当者)のコメント、声。
どういう点が良かったか。

CUBICとは

開発元であるAGP行動科学分析研究所は過去数十年にわたり、組織活性化と人的資源の有効活用という点に着目し、研究を進め様々な手法等を開発してきましたが、そのノウハウをコンピュータのアプリケーションソフトにしたものがCUBICです。
短い時間の中で、被検者の潜在意識までをも正確に探ることが可能です。
従来の設問方式ではひとつの設問でひとつの因子を探っており、その結果、被検者に設問の意図がわかり、正確な回答を得ることが困難でした。
しかし、CUBICではひとつの設問で3~4つの因子を探るように設計されているため、設問数も従来の検査の1/4程度で済むようになり、正確かつ短時間でできることが可能となりました。

どのような検査があるのか・・・

① 採用能力検査

職務遂行に必要とされる能力が欠如していては、安心して仕事を任せることができません。基礎能力検査は、職務に必要な基礎的な能力を把握するために使用できます。

②採用用個人特性分析(調査時間約20分)

個人の資質や特性を「性格」「意欲」「社会性」「価値観」などの側面から評価します。 一般的な平均値と比較しながら、個人の特性や個性の全体像が具体的に把握できます。
また、多年度の受検者や新入社員の傾向を分析することで、年度別の特性比較や将来的に”会社が求め、必要とする人物像”を検討することができます。

②採用用個人特性分析(調査時間約20分)

モチベーション測定は、「人は行動を決定する最終局面で何をよりどころにするか」を測定し、理想の働き方の指向性から個人の仕事の原動力を探ることができます。

④現有社員用個人特性分析(調査時間約30分)

職場における現実の行動面から、個人の適性や能力構造の特徴を客観的に分析します。 同時に「仕事に立ち向かう姿勢」や「組織だって仕事を進める能力」なども測定しますので、能力開発を効果的にすすめる補助データにもなります。
また、通常、適性検査は総務や人事あるいは経営陣が取り扱う資料といわれておりますが、受検者へ返却することができるフィードバックツールとなる自己分析シートを用意しております。自己認識、教育研修にも活用できます。

⑤現有社員用モチベーション測定(調査委時間約15分)

モチベーション測定は、「人は行動を決定する最終場面で何をよりどころにするか」を測定し、理想の働き方と現実を比較し、その格差から個人の仕事の原動力を探ることができます。

相談・苦情処理窓口

従業員家族からの問合せ対応
      ・従業員の家族が、匿名(場合によっては個人を特定)で会社に問合せできる
      ・企業は、従業員の家族に対しての不安を解消し、満足度を向上できる

主人の勤め先に聞きたいことがあるけど、どうやって問い合わせたら・・・主人に言っても聞いてもらえそうにないし・・・

従業員の家族

問合せと回答

・メールまたは管理画面で問合せを受付ける。
・個人を特定しないと受付けられない問合せの場合は、問合せ元に確認する。
・事前に登録されている企業の問合せ窓口に問合せする。

当社

問合せと回答

・問合せを受付ける。
・個人を特定しないと受付けられない問合せの場合は、問合せ元に確認する。

当社