厚生年金保険の長期加入者の特例(44年特例)とは、どのような制度ですか

厚生年金保険に44年加入した場合、報酬比例部分の支給開始年齢に達していれば、定額部分もあわせ
て受給できる制度です。

特別支給の老齢厚生年金は、「定額部分」と「報酬比例部分」に分けられ、「定額部分」の支給開始は65歳、
「報酬比例部分」の支給開始は段階的に60歳から65歳へ引き上げられます。

長期加入者の特例とは、次の条件を満たした場合、定額部分を報酬比例部分とあわせて受給できる制度です。
<長期加入者特例の条件>
① 厚生年金保険の被保険者期間が44年以上であること
② 厚生年金保険の被保険者でないこと
③ 報酬比例部分の支給開始年齢に達していること

また、定額部分が支給される場合、一定の要件を満たす65歳未満の配偶者がいれば、加給年金も加算にな
ります。

高年齢者雇用安定法の改正により、企業は60歳以降の雇用確保措置を講ずることが義務付けられますが、
例えば高校卒業後18歳の4月から厚生年金保険に継続加入している方は、62歳の3月末日以降に退職す
ることで、従来よりも早く定額部分を受給することができるケースが発生します。

(参照:日本年金機構HP)
厚生年金保険の支給開始年齢
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/main/individual_02/pdf/kaishi.pdf

一覧へ戻る