当社では、今後の少子高齢化を考え、高齢者の方を積極的に活用していきたいと思っておりますが、資金的に難しいのも事実です。高齢者活用を対象とした、助成措置はあるのでしょうか?

高齢者の方を積極活用する際に利用できる助成措置があります。次に主な助成金制度を紹介します。

1.定年引上げ等奨励金

65歳以上への定年の引上げ又は定年の定めの廃止を実施した中小企業事業主及び、65歳以上への定年の引上げ又は定年の定めの廃止を実施し、その雇用する55歳以上65歳未満の高年齢者に対して、定年延長等に伴う意識改革、起業や社会参加等に係る研修等を実施した中小企業事業主に対して助成するものです。

定年引上げ等奨励金は、次の2つの制度で構成されています。

中小企業定年引上げ等奨励金:65歳以上への定年の引上げ又は定年の定めの廃止を実施した中小企業事業主に対して助成される制度です。
雇用環境整備助成金:65歳以上への定年の引上げ又は定年の定めの廃止を実施し、その雇用する55歳以上65歳未満の高年齢者に対して定年延長等に伴う意識改革、起業や社会参加等に係る研修等を実施した中小企業事業主に対して助成する制度です。

2.特定求職者雇用開発助成金

高年齢者(60才以上65才未満)、障害者、重度障害者、45才以上の障害者、精神障害者、母子家庭の母、等の就職が特に困難な者又は緊急就職支援者を継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に対して、賃金の一部が支給される助成金です。

※上述の制度以外にも一定の条件を満たせば適用される制度があります。
※なお、「継続雇用定着促進助成金」は、平成19年3月に終了しました。

一覧へ戻る