第1子の育児休業期間中の従業員が、第2子を出産することになりました。育児休業期間中に次の子を出産する場合、保険料免除等はどうなりますか。

第1子に係る育児休業及びそれに伴う保険料免除は、第2子に係る産前休業の請求の
有無によって取扱いが異なります。

① 第1子の育児休業期間中の従業員から第2子に係る産前休業の請求があった場合
   →第2子に係る産前休業が開始され、第1子に係る育児休業期間及び
    それに伴う保険料免除は終了します。(図1参照)

② 第1子の育児休業期間中の従業員から第2子に係る産前休業の請求がなかった場合
   →第1子の育児休業が継続され、第2子の出産日をもって第1子の育児休業及び
    それに伴う保険料免除が終了します。(図2参照)




 

   【図1】第2子の産前休業の請求があった場合

            産前42日     第2子出産      産後56

   

 

 

 

第1子の

産前休業

産後休業

第2子の

育児休業

出産手当金

育児休業

保険料免除

保険料徴収

保険料徴収

保険料免除

 

【図2】第2子の産前休業の請求がなかった場合

            産前42日     第2子出産      産後56

 

 

 

 

第1子の育児休業

産後休業

第2子の

出産手当金

育児休業

保険料免除

保険料徴収

保険料免除

 

 

  なお、産後休業は請求の有無に関わらず取得するものですので、第2子の出産日の

翌日から第2子に係る産後休業が開始します。

 

  第2子の出産前に取得している休業が、第1子に係る育児休業であるか、第2子に

係る産前休業であるかを問わず、第2子に係る産前産後の出産手当金は支給されます。

一覧へ戻る