当社では、月額固定給とは別に、営業社員に対してその営業成績により歩合給を支給しています。これらの者が時間外労働をした場合、手当の計算方法はどのようになるのでしょうか。

法定労働時間(原則1日8時間、1週40時間)を超える時間外労働をする場合、法定休日(原則1週1日)に休日労働をする場合は、所定の割増賃金を支払わなくてはなりません。(労働基準法第37条)
割増賃金率は、次の通りです。

法定労働時間(原則1日8時間、1週40時間)を超える時間外労働をする場合、法定休日(原則1週1日)に休日労働をする場合は、所定の割増賃金を支払わなくてはなりません。(労働基準法第37条)
割増賃金率は、次の通りです。

時間外労働

時間単価の125%以上

休日労働

-〃-   135%以上

深夜業

-〃-    25%以上

時間外労働+深夜業

-〃-   150%以上

休日労働+深夜業

-〃-   160%以上

さて、ご質問いただいた会社は、営業職の社員に対して、月の固定給にプラスして、契約件数に応じた歩合給を支給しています。
歩合給については、割増賃金の算出基礎から除外できる賃金には該当しないため、時間単価を算出するための賃金に算入する必要があります。(労働基準法第37条第4項)
ただし、月によって定められた賃金における時間単価がその賃金を月の所定労働時間で除して算出するのに 対し、歩合給などの出来高制によって定められた賃金における時間外単価はその賃金をその賃金期間における総労働時間で除して算出します。(労働基準法施行規則第19条)
また、月によって定められた賃金を受けているものが時間外労働した場合は上表により時間単価の125%の賃金を受けることになりますが、歩合給の場合は次のような理由から時間単価25%を追加支給すれば足りることとなっています。
「出来高制その他請負制によって賃金が定められている場合については、時間外、休日又は深夜の労働に対する時間当たり賃金、すなわち1.0に該当する部分は、既に基礎となった賃金総額の中に含められているのであるから、加給すべき賃金額は計算額の2割5分以上をもって足りる。」(S23・11・25 基収第3052号)

(例)月額固定給170,000円 歩合給100,000円

所定労働時間170時間 総労働時間200時間 時間外労働30時間

(170,000円/170時間)*1.25*30時間+(100,000円/200時間)*0.25*30=41,250円・・・時間外手当

一覧へ戻る