正社員用とは別に、パートタイマーに対する就業規則を作成しましたがパートタイマーの従業員からだけ、意見を聴取すればよいのでしょうか。

労働者の過半数で組織する労働組合又は労働者の過半数を代表する者の意見聴取で問題はありませんが、パートタイマーの代表者の意見を聴くことが望まれます 。

就業規則を作成又は変更した場合には、労働者の過半数で組織する労働組合又は労働者の過半数を代表する者(以下「労働者代表等」という)の意見を聴かなければなりません。(労働基準法第90条)

ここでいう労働者とは、当該事業所に使用されているすべての労働者をいい、パートタイマーも含まれます。(昭和61.6.6 基発333号)

設問では、パートタイマーの就業規則を正社員と別に定めたとしていますが、形式上別に作成したものに過ぎないことから、パートタイマーの就業規則は正社員の就業規則と一体とみなされます。(63.3.14 基発150号)

よって、パートタイマーの就業規則について、意見聴取をする労働者代表等は、パートタイマー等を含めた全従業員の労働者代表等で問題ありません。

一方、パート労働法においては、「短時間労働者に係る就業規則を作成又は変更した場合は、短時間労働者の過半数を代表すると認められるものの意見を聴くように努めるものとする。」と定められており、パートタイマーの代表者の意見も聴くことが望まれます。

一覧へ戻る