厚生年金に加入している夫が65歳になると、妻は国民年金第3号のままではいられないのでしょうか。

妻は国民年金第3号被保険者から第1号被保険者に変わります。  

厚生年金の被保険者である夫が65歳になり、老齢年金の受給権を有した場合、夫は国民年金の第2号被保険者ではなくなります。

 国民年金の第3号被保険者は、第2号被保険者の被扶養配偶者であることが条件ですので、夫が第2号被保険者から外れた今、その妻は第3号被保険者にはなれず、第1号被保険者となり、国民年金保険料の支払いが生じます。
(市区町村の担当課で第3号から第1号への種別変更の手続きが必要です。)

 但し、夫が65歳になっても老齢年金の受給権を有していない場合、妻は第3号被保険者のままでいられます。
 また、妻がすでに60歳に達している場合は、国民年金の第1号被保険者にもなれませんので、国民年金保険料の支払いはありません。

一覧へ戻る